山陰合同銀行の外貨預金

山陰合同銀行の外貨普通預金は、一般的な外貨預金商品で、いつでもお金の預入や引出しが可能な商品で、取り扱い通貨は米ドルや英ポンド、豪ドルやユーロの4通貨となっており、預入金額が1通貨単位以上で制限はありません(外貨現金の場合は1米ドル、5英ポンド、5豪ドル、5ユーロ単位)。
また山陰合同銀行のごうぎんオープン外貨定期預金でも、取り扱い通貨の種類は外貨普通預金と同じですが、両者の違いは外国通貨での預金の期間にあり、外貨定期預金では期間を決めて運用します。
山陰合同銀行には新型外貨貯蓄預金という商品もありますが、こちらの取り扱い通貨は米ドルとなっており、利率は月1度(原則)市場金利の情勢を参考に変更されます。
山陰合同銀行の外貨預金の中には為替特約付外貨定期預金という商品もありますが、これは前述のオープン外貨定期預金に「為替特約」を付ける事で、一定の円高までの為替変動リスクを回避するという商品ですので、外貨預金のリスクを気にされる方はこちらの商品を検討してみてはいかがでしょうか(取り扱い通貨は米ドルとユーロ)。


スポンサードリンク

外貨預金で資産運用

外貨預金というものは、預金保険の対象外の商品が多く、為替変動によるリスクや元本割れのリスクなどもありますので、まずは外貨預金についてよく把握する事が重要で、山陰合同銀行のWEBサイトでは、外貨預金に関する注意点などの記載がされていますから漏れなく確認しておく事をおすすめします。
ちなみに外貨預金はリスクがありますが、場合によっては円での預金よりも利回りが良く、効率良く運用する事も可能であることから、今では資産運用の代表的な方法として人気があります。
山陰合同銀行では外貨預金はもちろん、取扱商品についての問い合わせを電話でする事も可能ですし、資産運用プラザを設けていますので、資産運用でお悩みの方や商品選択でお困りの方は是非有効に利用して頂きたいものです。

スポンサードリンク